文字サイズ

株式会社HDC

お客様と地域に貢献するトータルソリューションIT企業です

さっぽろ雪まつり 市民雪像 Team Elims


「Team Elims(チーム エリムス)」は、さっぽろ雪まつり市民雪像を制作するHDC社内サークルです。

毎年5倍の抽選会を勝ち抜き、16年連続制作をしている札幌市が誇るベテランチームです。
おかげさまでメディアへの露出度も高く、毎年、TV、ラジオの取材や出演依頼をいただいています。
あなたもElimsに参加して、故郷のお母さんにハンカチ振ってみませんか!

Team Elims 2013

今年のお題は「愛と勇気だけが友達さ」
復興の願いを込めて。いけ!みんなの夢まもるため。

~昨年の倒壊事故を受けて、今年から安全性が徹底されました~
市民雪像は、製作にかかる前に「技術講習会」というものがあります。
昨年までは任意の参加でしたが、今年から必須になりました。

何をするかと言いますと。
製作する雪像の模型を粘土で製作、札幌市内で活躍されている彫刻家の先生に見ていただき、本製作で気をつけるべきアドバイスを受ける場です。

今年からは、用具の安全な使い方についての講習会もありました。
毎年、マスコミに露出度の高いTeam Elims。
今年はここでマスコミに登場でした。
私たちが技術指導を受けていた時の様子が、ニュースで紹介されていました。
天下のNHK。STV、UHB。
めだってるぜ。私たち!

……という訳で。
市民雪像始まって以来の道具使用説明を受けて、Team Elimsは所有道具にスッ飛び防止紐を取り付けて安全を強化しました。


作業開始前

「豆腐」と呼ばれる雪像の原型。
上のブロックが幅2m、高さ2m。下のブロックが幅3m、高さ1m。
上のブロックのみを加工して形にします。
ここにも安全強化のために、今までと違った工夫がありました。
昨年までは、下ブロックのど真ん中に上のブロックが乗っていたのですが、下ブロック前面を広く取って作業しやすくなりました。
万が一雪像が倒壊しても、お客様まで届かないための工夫ですね。

今年は初日が暖かく、2日目が真冬日というコンディション。
削ってシャーベットをつける工程を考えたら、ベストコンディションです。
当初雨の予報もありましたが、大きな影響を受けずに済みました。

開始1時間経過

メインである顔が来る位置を油性スプレーで印をつけて、その部分を残すように削っていきます。
並行して除雪作業も行います。
雪像は生き物。せっかく完成度が高くても、雪にまみれたアンパンマンではあまりにかわいそうです。

全体図

離れた所から見ると、こんな作業状態です。
台座に登って削り出し作業をする者、削り落とされた雪を除雪する者、スコップ片手に次の工程を考える者。
それぞれ分担して作業にあたります。

驚異の進捗率

ちょうどお昼の時間になりました。
2時間程度で、ここまで出来ました。
この日の最高気温は2月初旬としても珍しい+8℃。
この暖かさで最初の削り出しがとてもスムーズに進みました。
ぼんやりとした、空飛ぶアンパンマンの原型が見えてきました。

午後の部開始

早くもシャーベットを使って、盛りつける作業に入りました。
中盤からは削り出しと盛りつけを並行して行っていきます。
基本的にはシャーベットが凍らなければならないので、気温は低いことが望ましいのです。
あらかじめシャーベットを盛っておいて、一晩のうちに凍らせてから翌日に削る……という方法もあります。
しかし最大限豆腐からの削りだしで形を整えるのがベテランズの仕事ってヤツです。

初日終了

昼間暖かかったものの、夕方になるとさすがに気温が下がってきました。
しかし、1日でアンパンマンの鼻とほっぺまで完成するほどの進捗ぶり。
丸顔と丸い手が何とも美しい。

2日目開始

初日から一部メンバーチェンジがありましたが、今日も元気にスタートです。

ちょっと分かりづらいですが、目の位置を決めて印をつけました。
この後、HDC社長中村が応援に来てくれました。
暖かいコーヒーが差し入れられて、メンバーちょっとまったり。

合言葉は「エッジをきかせろ!」

昨日盛ったシャーベットは一晩でばっちり凍りました。
顔にメリハリをつける為、しっかりと輪郭を整えておきます。
合言葉「エッジをきかせろ!」がここからが本領発揮です。

最後は台座

仕上げは台座のメンテナンス。
雪像をよりよく見せるには欠かせない作業です。
「エッジをきかせろ!」の集大成です。

TeamElims2013

今年は雨予報だったり、暴風雪予報だったり。
天気が心配でしたが無事完成にこぎつけました。


観光客の皆様や会社の同僚など、沢山の方から応援・激励の言葉を頂きました。
特に今年は小さなお子さんに大人気のアンパンマンを製作したので、開催期間中も大変多くのお客様に記念撮影をしていただきました。
さっぽろ雪まつりが、皆さまの大事な思い出の一つとなれば幸いです。

来年もどうぞよろしくお願いします。

Team Elims(チーム エリムス)はこんなチームです

  • 「HDC」様は、このたび何回目の雪像作り参加ですか?
    16回目(1998~2013)です。

  • 「HDC」様が、雪像作りに参加しようと思ったきっかけは?
    当時のメンバーが、某大規模システム稼動本番を控えたプレッシャーから逃避半分のノリで始めました。
    幸い、リーダーを努める者が、以前に別チームで雪像作りを経験していたので、成功することができました。
    しかし一番最初に作った雪像は、心の目で見ないと、なんだかわからない出来でした。
    こちらの「プルート」です……

  • 「Team Elims(チーム エリムス)」の名前の由来は?
    1998年頃、初代のメンバーたちが関わっていたコンピューターソフトが、「SMILE(スマイル)21」という介護福祉のソフトでした。「SMILE」のスペルをひっくり返して「Elims(エリムス)」にしました。

  • Team Elimsの人数は? 年代、男女比は?
    制作に関わる人数は12人前後。男女の比率は半々です。
    毎年、仕事のスケジュールや転勤などでメンバーは入れ替わります。
    20代の新入社員から40代のベテラン社員まで、幅広く活動しています。
    また、中国からのスタッフ2名が、H21,22年と参加いただきました。

  • 毎年はどこで 制作していますか?
    製作場所は、市民雪像制作参加チームを決める抽選会で決まります。当選順に好きな場所を選んでいきます。
    私たちは大通会場9丁目から12丁目を選んでいます。
    心をこめて作った雪像なので、ぜひ会場へ足を運んでみて下さい。

  • 制作時間帯は?
    無理しないいでいこーぜ、がポリシーです。土日の二日間の陽のあるうちに仕上げます。
    難行苦行の制作は厳禁です。楽しんでいきましょう!

  • お昼ご飯はどうしていますか?
    会場がHDC本社から近いので、お昼ご飯は社内リフレッシュルームで、ぬくぬくといただきます。
    また、女性が中心の通称「スイーツチーム」が、近隣有名スイーツショップから、山のようにケーキを買ってきます。ヘンゼルとグレーテルな眺めです。

  • 雪像作り活動をしていてよかったこと、感動したことなどのエピソードは?
    最近は、雪像制作期間中に観光される方が増えました。制作中の私たちに、温かいお声がけをしてくださったりします。
    お歳を召した御夫婦や、外国からのご家族が、いっしょになって斧やスコップを手にして雪像を削ってくださるのは、大きな喜びで、そんな皆様といっしょに撮った記念写真は、私たちの宝です。
    社内の方、社外の友人が差し入れして下さるのも大きな励みになっています。
    また、雪像作成時は、みんなで汗をかきながら作業し、お菓子などをつまみにビールを飲み、いろんなおしゃべりをします。部署の違う仲間が集まるので、これをきっかけに顔見知りになれ、いい交流の場になっていると思います。

  • これからの目標は?
    私達は製作期間中にお会いした観光客の皆様に、体験的に製作に参加して頂くことで、交流を図り楽しませていただいています。体験を通して頂いて、一つの思い出として残して頂ければと思います。
    斧を力任せに振るうなど、ふだんの生活ではありえない非日常を、たっぷり経験いただけます。

    会場で、私たち「Team Elims」を見かけたらお声がけください。
    これからも、ずっと雪像をつくり続けたいと思っています。

歴代雪像 1998-2013

雪像の前で、だれかが記念撮影をしてくれたら、気分は優勝パレードです。


1998 プルート

1999 ドーレくん

2000 チャメゴン

2001 I・Tルモン

2002 スヌーピー

2003 ニッセンレンジャー1

2004 ニッセンレンジャー2

2005 ニッセンレンジャー3

2006 キョロちゃん

2007 ミッフィー

2008 キティちゃん

2009 やさぐれパンダ

2010 ドラえもん

2011 ウサビッチ

2012 リラックマ

2013 アンパンマン