メタンハイドレートセミナーinさっぽろ
『未来の燃料 「自然界の燃える氷」への期待』
開催報告



 北海北海道天然ガス利用促進協議会は8月30日、北海道との共催によりかでる2・7でメタンハイドレートセミナーinさっぽろ『未来の燃料「自然界の燃える氷」への期待』を開催しました。講師に産業技術総合研究所北海道センターメタンハイドレート研究センター長 成田 英夫 氏、北見工業大学 未利用エネルギー研究センター長 庄子 仁 氏をお招きしました。

 政府のメタンハイドレート開発計画は、2009年度からフェーズ2がスタートし、2015年まで実証と検証を行い、商業化に向けての必要な技術整備を行っています。

 講演では、成田氏から現在のプロジェクトの進捗状況および今後の取り組みについて、庄子氏からはオホーツク海沖の海底およびバイカル湖の湖底における浅層型メタンハイドレートの産状研究等についてのお話がありました。




メタンハイドレート研究センターHP
http://unit.aist.go.jp/mhrc/

北見工業大学未利用エネルギー研究センターHP
http://www-ner.office.kitami-it.ac.jp/

HNG−トップへ