メタンハイドレート勉強会を開催


 北海道天然ガス利用促進協議会は4月27日、北海道との共催により道庁別館で「メタンハイドレート(MH)勉強会」を開催した。講師には独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)メタンハイドレート研究センター長の成田英夫氏をお招きし、「北海道の将来への期待 メタンハイドレートの現状について」と題して、メタンハイドレート資源開発の取り組みについてお話をいただきました。

 我が国におけるメタンハイドレート開発計画は09年度からフェーズ2が始まり、7年の期間中には東部南海トラフで2回の海洋産出試験が計画されている。産総研は石油天然ガス・金属鉱物資源機構とともにこのプロジェクトの推進主体として、将来の商業生産に向けた生産手法開発を担っていて、これまでの開発の経緯や今後の計画についての説明がありました。



メタンハイドレート研究センターHP
http://unit.aist.go.jp/mhrc/

HNG−トップへ