北海道天然ガス利用促進協議会
設立15周年記念フォーラム
「低炭素社会と天然ガスの未来」開催報告



 北海道天然ガス利用促進協議会は、勇払油ガス田の発見を契機に、化石燃料の中で最もクリーンなエネルギー源である天然ガスを道内に円滑に導入し、積極的な有効利用を図ることを目的に、1994年1月に設立し、本年で15周年を迎え、平成21年11月27日に、設立15周年を記念したフォーラムを開催しました。

 講師に、東京工業大学統合研究院教授の柏木 孝夫氏、石油天然ガス・金属鉱物資源機構主席エコノミスト石井彰氏を招き、低炭素社会を実現するためのパラダイムシフトにおける天然ガス、ガス事業のあり方、世界的にみた天然ガスのポテンシャルの高さなどについてお話しをいただきました。

柏木教授



石井主席エコノミスト



HNG−トップへ